色んな仕掛けでお母さんのバースデイを祝おう!

お母さんの生まれに「サプライズボックス」を作ってみるのはいかがでしょうか。様々な仕掛けをつけてお母さんの生まれにぴったりなプレゼントを手作りしてみましょう。簡単に焼き上げる仕掛けから、ちょっぴりむずかしいものまで、「サプライズボックスの仕掛け」をご紹介します。

開いたらハートが立体的に染み渡る「うずまきハート」はかなりかわいらしい仕掛けだ。初めに画用紙からおんなじ形のハートを取り除きます。次にハートの内側に等間隔でハートを書き込んで赴き、1枚目のハートは右から、2枚目のハートは左から、線に沿ってぐるぐると切り込みを入れていきます。次に折り込みを入れた画用紙にハートを折り込みで対象になるように貼り付けます。この時、ハートの外側だけにのり付け決める。最後にハートの真ん中同士を張り付けて完成だ。たいして簡単に作れちゃいますよね。

ポツポツハードル高めの「観覧車」は動きがあってワクワクする仕掛けですよね。お好きな色の画用紙を4枚用意します。1枚目の画用紙は幅7mmで細長く3枚切ります。長さは作りたい観覧車のがたいとして下さい。2枚目は、丸形を6枚切り出します。これもがたいは作りたいがたいで。こういう丸形を上記の細長く切り出した画用紙の両端に貼り付けます。3枚目は、丸形1つと狭い形を2つ切り出します。これを丸形からVの字に足が生えたように貼り付けます。次にに4枚目の画用紙を背景にして、観覧車の形になるようにこれまで作ってきた画用紙をセットします。最後にそれを針と糸で固定決める。真ん中を針で縫って玉結びをします。これで「観覧車」が完成だ。針を使うので、怪我をしないように十分気を付けてくださいね。

アクセントには「SNSアイコン」がおすすめです。しょっちゅうお母さんや家族と連絡を取り合っていらっしゃるSNSや、家族写真に混ぜる写真投稿SNSなどのアイコンを作って下さい。画用紙に作りたいアイコンを書いて下回るだけ、めっきり簡単に作れます。今までのトークや写真を中に隠しておくのも素敵です。

様々な仕掛けを使ってお母さんへの感謝と愛を秘めた世界に1つだけの「サプライズボックス」を作りましょう。たいていお母さんは感動して喜んでくれるよ。参照サイト